M&A News

M&Aニュース

経営と経理管理の違いについて考えてみた。その違いを埋めるために必要なこともついでに考えてみた。

経営と経営管理は違う。これは長いこと感じてきたことです。

経営管理=リスクを低減させ目標達成する
経営=目標設定を含み、可能性を最大化させる

これがイメージです。

経営管理は、ノウハウや経験がかなりモノをいいます。ロジカルにすすめていくべきものともいえます。ある程度、答えがある世界と言って良いでしょう。

経営は経営管理の前提の目標設定や、事業の可能性を最大化させることが目標ですから、特定の事業からの撤退、人事、新規事業開発、M&Aなど守備範囲は相当広くなります。環境の変動の異常に早い環境においては、石橋を叩いているうちにチャンスがなくなる、石橋がなくなってしまうなんてことも多いです。しかし、思いついたこと片っ端からやっていても成功は難しいです。

このように性質のまったく異なる、経営と経営管理を1人でこなしきれる方がいればそれはラッキーなのですが、なかなかお目にかかれるものではありません。そこで経営、経営管理はチームで行うことが多いですし、そうせざるを得ません。

ここで頻出事項ともいってよい問題がセクショナリズムです。

経営管理部門からすれば、赤字垂れ流しの事業をいつまでやってるんだよ、と思えば、経営目線からは新規の商材を作っていかなければ将来の売上が確保できない、とこういった考えの対立が起きるわけです。

これについても、正解があらかじめわかっているのであれば仲良くやっていけばいいのですが、正解はわからない。それでは、この問題をどう解決すべきでしょうか。

相手のことをよく知ることでしょう。経営者は間接部門を含む経営管理部門が何をしているのか、ガッチリ勉強すべきです。経営者が知らないことによって経営管理部門がものすごく苦労していることも多いです。一方で経営管理サイドはリスクをとって判断、行動をし続けなければいけない経営サイドのことをもっと勉強すべきなのです。

お互いが何をどう考えているのかわからず、会話もせずに喧嘩を続けていても意味はありません。どちらも事業にとっては大切なものであることは間違いがないのです。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望