M&A News

M&Aニュース

時価総額がトヨタを超える白酒の貴州茅台酒、そんなに儲かっているのだろうか?

中国へ旅行、出張に何度か行ったことがあれば、飲んだこともあるかたも多いはずの白酒(バイチュー)の茅台酒が時価総額がトヨタよりも高いそうです。

記事にも、もともとバイチューは官僚不正の温床となっており、政府が引き締めを実施した結果、関連各社の業績は落ち込んでいたはずです。

しかし、足元の業績(1~3月期)の売上高は252億元、純利益は130億元ということです。単純に年換算すると、売上約1,000億減、純利益が520億元となります。物販で純利益率が50%を超えるってのはとんでもない利益率です。

1元=15円で換算してみると、売上1兆5,000億円、純利益が7,800億円、とてつもない利益です。
時価総額26兆円、PER33倍、どれもすごい数値です。

バイチューの重要性はわかりますが、さすがに稼ぎすぎなのではないかと感じますが、本当にユーザーが価値を感じているのであれば、それはブランディングを含めたマーケティングの大成功事例でしょう。

記事では目先の投機需要に支えられているのでは、という記載もあり、そういった危惧があることはあるのでしょう。

それにしても、茅台酒の業績が粉飾されていなければ、トヨタを上回る時価総額があってもおかしくない業績です。
とんでもない業績といっても過言ではありません。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望