M&A News

M&Aニュース

伊藤忠によるデサントのTOBが成功するために必要なこと

伊藤忠とデサントは相当こじれているようで、経営者同士のコミュニケーションがとれず、とうとう敵対的TOBとなってしまいました。これまで、日本で敵対的TOBの実行例は少なく、以下のリンク先記事でも、以下の失敗例が挙げられています。

スティール・パートナーズ→ブルドックソース
スティール・パートナーズ→サッポロホールディングス
ドン・キホーテ→オリジン東秀
王子製紙→北越製紙

TOBが成功しない理由はTOB、敵対的買収に対するネガティブイメージもあるでしょう。

しかし、本質は、株主のスタンスです。所有と経営が分離していることが原則の株式会社では、株主は儲かるほうに動きます。伊藤忠が経営をしたほうが稼げる、あるいは株価があがると思えばそちらを支援するし、デサントにそのままやらせたほうがよいと思えば、デサントを支援するはずです。

しかし、伊藤忠がそもそもデサントの筆頭株主であり、ここでは所有と経営がやや一致しかかっています。
さらに伊藤忠が買い増しをしようとすると、所有と経営の一致が進んでいきます。そうすると、上記で考えたような単純な考え方だけでは済まなくなってきます。

これも親子上場が認められている点が問題を作っている可能性があります。伊藤忠が、デサントを配下にしたいのであれば、非上場化をベースにそれを認めればシンプルです。非上場になっても、今売ったほうがマシ、という金額で株主が株を売ればそれでOK、そこまでするなら、そのままデサントの経営のほうがいいと考えれば、株主がTOBに応じない。

シンプルにお金の視点だけで株主が考えることができれば、この問題は解決するはずです。その前としては、喧嘩しないで、伊藤忠とデサントで腹を割って話をするべきことは言うまでもありません。

M&A売却希望

M&A買収希望