M&A News

M&Aニュース

働き方改革の素晴らしい点と不安点、そして改善法

働き方改革の重要な施策として、残業代の上限、有給休暇の取得推進が決められます。健康で働くためには、とても大切な点です。しかし、それは働かせられる場合に必要なことです。人間は嫌でも、生活のために働かなければなりません。したがって、働かされるという事実があることに目を背けてはいけません。当然、働いてほしいという雇用者側の需要もあるわけで、労使の関係ができるわけです。

当然、働かされる側の方の健康は必須です。これを改善するために、働き方改革を率先して実施しているわけで、これは素晴らしいことです。

一方で、これから自分のやりたいことを探す、人の上に立ちたい、世の中の役に立ちたいと本気で考える人にとっては、足かせになる場合があります。何かを極めようと思うと、どうしても時間が必要なのです。

したがって、自分でなにかをやり遂げようとする方は、組織に属さず、自分の力で、自分の責任でビジネスをすすめていかざるを得なくなっていく可能性があります。

働き方改革には、否定的な経営者の方が相当います。そんなに甘やかして、商売やっていけるのかよ、、というのが本音でしょう。しかし、総論でいえば、国のやっていることは間違っていません。それが、若い人の経験値を積む機会がなくなるかもしれない、結果、給料をあげることができなくなるかもしれない、というのは副作用です。

どんな薬にも副作用があるように、どんな施策にも悪い点もあるはずです。よい点を活かし、その環境にいる私達は副作用を理解して、効果をしっかり享受していくことを考えていくことが正しい道なのだと思います。

M&A売却希望

M&A買収希望