M&A News

M&Aニュース

ルネサスのIDT買収は、可能性と難易度が高い「跳ねる」タイプのM&A

ルネサスがIDTを買収すると報道されています。以下の日経の記事では、その割高さが述べられています。ルネサス発表の円換算ベースで、売上927億円、営業利益率25%のIDTを7,330億円で買収するわけです。売上の7倍で買収するわけですから、これは高い買い物であることは間違いありません。

当然、今の業績が続くようでは投資としては高掴みに終わってしまいます。当然、IDTが業績を伸ばすことが前提です。しかも2倍とか3倍では足りず、少なくとも5倍、5,000億円程度の見込みは必要でしょう。5,000億円で営業利益率25%(non GAAPベースとなっているので、会計上の数値より高い可能性があります)を維持すれば1,250億円の営業利益となりますから、7,000億円超の投資も十分に回収し、稼いでいけるはずです。

ルネサスはそのような算段を持っているはずですが、このように近い将来、買い手にとって売上数倍になるようなポテンシャルを持っている企業が、買収金額が「跳ねる」タイプの企業です。

自社を高く売りたい方は、買い手が「跳ねる」ポテンシャルを作ることがなにより大切なことになります。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望