会社や事業を買いたい方へ

会社や事業を買いたい方へ

買い手のプロセス

  1. 個別面談
    M&Aアドバイザーと詳細の打ち合わせを実施します。
  2. 買い手とMAアドバイザーとの契約
    秘密保持契約およびファイナンシャルアドバイザリー契約を締結します。
  3. ノンネームシートでの提案
    ノンネームシートとよばれる対象会社の分からない資料を元に、売り手希望先とのマッチングを行います。
  4. インフォメーションパッケージでの提案
    興味をもっていただいた売り案件については、より詳細な情報を開示させていただき
    売買の可否、条件等についてご検討いただきます。
  5. トップ面談
    オーナー経営者同士、実際にあっていただいてご面談をしていただきます。
  6. 「意向表明書」の提示
    前向きに当該M&Aに取り組む旨の宣誓の意味を持つ意向表明書を提出いただきます。
  7. 「基本合意契約書」締結
    金額等を含む取引条件等を決定し、契約書に落とし込みます。
  8. デューデリジェンス
    買い手に売り手の財務、法務、ビジネスの状況などの精査をしていただきます。
  9. 「最終譲渡契約書」の締結(ここで成功報酬が発生します)
    デューデリジェンスの結果を踏まえ、最終譲渡契約を締結します。
  10. クロージング
    代金決済、株式の引渡しなどを含め取引を完結します。

*上記は、取引の一例であり、状況に応じ上記と異なることもありますので、ご了承ください。

買い手のメリット

  • 既存ビジネスの強化に効果的です。例えば新規出店よりもスピーディーに拡販が可能になります。
  • 新規事業のスタートアップとして、リスクの大きい新規事業のスタート時にすでにビジネスが成立し
    顧客やスタッフがいて、売上が立っている企業をM&Aすることにより、リスクの低減につながります。
  • 起業の選択肢としてゼロから起業することも大きなリスクです。すでに成功しているビジネスをM&Aにより
    取得することができれば、リスクは大幅に低減されます。

メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望