M&A News

M&Aニュース

プルータスが中小M&Aにセカンドオピニオンを提供するということですが、自然な流れで、さらにもう一歩上を行けばよりM&Aや事業承継は身近になるはずです。

プルータスがセカンドオピニオンサービスを始めるということです。
これは経産省、中小企業庁も推していることですから、自然でしょう。

しかし、そもそもセカンドオピニオンという用語はやや変で、仲介業者、FAの定義があいまいなまま、報酬の相場感が作られており、それを単純に前例踏襲している影響なのではないかと思っています。

以下の動画で、FAを含めたいわゆる専門家の定義、機能について解説していますので、ぜひご覧ください。
https://youtu.be/2b3UScC63-c?t=596

セカンドオピニオンではなく、売り手も買い手もM&Aの実務の概要を理解し、自分たちが主体となって、必要な部分を必要な専門家に頼りながら進めていくのが合理的です。

JMAA、日本M&Aアドバイザー協会では、M&A実務スキル養成講座では、M&Aアドバイザーの養成を目的として10年間以上提供しています。本講座を受講することにより、アドバイザーが何をするのか、を学ぶことができます。それはすなわち、M&Aの取引で何をすべきか、を学ぶことになりますので、自分で売りたい、買いたい、というかたにも絶好の内容となっています。

集合研修については、コロナの影響も勘案しつつ開催の可否を決めざるをえない部分がありますが、オンラインはコロナの影響なく開催できます。また、オンライン講座の場合には事前にインプット部分を動画で視聴いただきますので、繰り返し視聴もできます。事前に疑問点を明確にして、講師とのオンライン講義に参加することにより、疑問点を事前に明確にしたうえで、講義に参加できりメリットがあります。

https://www.jma-a.org/adviser/jma-k

自立した経営者たちが、専門家を有効活用してM&Aや事業承継を進めていくのが正しいかたちであると本誌は考えています。売るにしても、買うにしても、会社にとってはとても大きな経営判断です。業者に丸投げですべてがうまくいくはずはありません。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望