M&A News

M&Aニュース

ジョブ型雇用は日本で機能するか。

ジョブ型雇用についての記事です。有料記事ですが、非常に参考になります。
さて、ジョブ型雇用は日本で機能するのでしょうか。

以下の記事でも否定的な内容が多いです。

1)誰がJob Descriptionを定義するのか
2)1)ができたとして、評価をどうするのか
3)1)2)ができたとして、機能しないスタッフをやめさせられない

ざっくりいうと、この3つの問題が、日本でのジョブ型雇用を難しくしている点でしょう。

1)と2)は経験と導入の仕方がなんとかなるかもしれません。この場合、3)が制約条件となります。
しかし、この3)の舵取りは難しく、企業側に有利なようにしてしまうと、ウーバーのドライバーのように、実質社員にもかかわらず、業務委託の形態を採り、働く方々に不利な環境ができてしまいます。

さらにいうと、ジョブ型雇用がうまくいったとして、スタッフはJob Descriptionに書いていないことはしなくなるはずです。その場合に、経営企画、新規事業などを誰がやるのか、これも大きな問題です。もちろん経営者の仕事なのですが、それも難しいでしょう。

Job Descriptionが書けない、評価できない、企画ができない、財務がわからない、ということであれば、経営者の役割を果たすことはできません。とはいいながら、これは簡単ではありません。こうした穴を横連携によって、解消する連携、協力関係がこれまで以上に重要になってくるに違いありません。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

M&A売却希望

M&A買収希望