M&A News

M&Aニュース

事業売却は着々と世界で進む。歩みを止めてはいけない。ただし安全にも十分配慮が必要、という状況を乗り越える。

シンガポールのマリーナベイサンズで有名なサンズの日本進出断念、ということです。オリンピック延期、そもそも開催できるか不透明、またシンガポールでも本家のアメリカでもカジノ・リゾートとともに相当苦しい状況でしょうから、これは十分に理解できる結論です。

サンズの決断で大きな影響を受ける企業も多いと思いますが、その中、日本もそれ以外の企業も売買を進めています。これだけの規模ですので、コロナ問題が深刻化する前から話はあったのだと思いますが、直接会う機会がほとんどとれないまま、交渉、意思決定をしたという部分は大いにあると思います。

無理をして今の時期に売却、買収する必要はありませんが、このタイミングだと感じたら、万難を排し、できる方法を考えて進めていくべきですし、実際に実行している世界の大企業が多いことは知っておいて損はないと思います。

安全にも十分配慮、歩みを止めない、おいおい、そんなことできんのかよ、という声が聞こえてきそうですが、それが経営です。算式を解いて、それで正解がでるものではありません。コロナ対応はもっと不確定要素が高く、人命に直結するものですから、その判断の難易度の高さは計り知れません。

厳しい中ですが、自分たちができることを、実例も確認しつつ、毎日進めていければと考えています。

M&A売却希望

M&A買収希望