M&A News

M&Aニュース

銀行が大株主だと経営経験のない社外取締役が増加するそうです

銀行が大株主だと経営経験のない社外取締役が増加する、という分析がされています。

取締役に何も求めるのか、法律の趣旨からすると、経営の管理監督が取締役の職務ですから、アドバイスを受けるためでないことは明らかです。

しかし、業界の知識、経営経験がないと適切な判断ができないことも事実で、いわゆる経営経験のない専門家が、新しいことを出来ない理由やリスクを考えすぎるあまり、否定的な意見を出し、会社としての意思決定がなかなかできない、という光景を目にすることもあります。

これは経営者がしっかりすればよいわけで、否定的な意見も踏まえ、参考にしつつ意思決定をしていけば済みます。

ソフトバンクはどのような役員構成になっているのか、参考までにこちらをご覧ください。

柳井さん、永守さんのバリバリの経営者が社外取締役に専任されています。ソフトバンクの意思決定に耐えられる社外役員というと、このクラスの方でないと難しいのかもしれません。

一方でいわゆる専門家としては、弁護士、会計士を監査役として配置しています。日本のように監査役制度がある国の場合、こうした配置も1つのやり方でしょう。ちなみに監査役の遠山さん、私の元上司です。ソフトバンクの監査役になられたと以前お聞きし、驚きました。

M&A売却希望

M&A買収希望