M&A News

M&Aニュース

M&Aを本気で考えるならトップダウンのスタイルが必須

M&Aは過去は大企業だけのものでしたといって過言ではありません。それをM&A業界のマップでもご紹介をさせていただいた、日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクの各社が上場、信用度、知名度をあげ、中堅、中小企業もM&Aに取り組めるようになりました。

その中で、自社でもM&Aに取り組む企業が増えてきました。このような場合、M&Aの経験者を採用し、部署を作ります。経営者の方がそれを丸投げしてしまっては絶対にいけません。彼らがどのような行動をとっているのか、どんな対応をしているのか、ということを必ずトップ自ら判断してください。

彼らの一部は、我々のような業者に対して、極めて高圧的な態度をとり、私達の業者のブラックリストにはいっていることもあります。もちろん私達も商売ですから、お客さまの態度がやや高圧的であるだけで仕事をお断りすることはありません。

譲渡後のことを考えているのです。譲渡後、これは想像しているよりなかなか大変です。金を出したから、あとはやっておいて、というスタンスで統合効果がでるほど甘くありません。しつこく丁寧に、融合を図っていかなければなりません。シナジーは資料で生み出されるものではなく、現場をつかみ、試行錯誤して、ひねり出していくものです。仕事の仕方が雑な企業には難しい作業です。譲渡後に確実に問題を起こしそうな方を売り手にご紹介できないわけです。

したがって、M&Aを本気で考えるならトップが本気でM&Aにかかわってほしいと思っています。私が代表をしている日本M&Aアドバイザー協会でも以下のとおり、M&Aアドバイザー養成講座を開催しています。これはアドバイザーを目指す方向けのものですが、これからM&Aを本格的にやっていこうとする経営者にとっても有用です。実際に多くの経営者がこの講座を受講され、M&Aを成功させていらっしゃっています。

https://www.jma-a.org/adviser/jma-k

M&A売却希望

M&A買収希望