M&A News

M&Aニュース

東芝のウエッチングハウスの減損公表が遅れ批判されている理由と実態

東芝のウエッチングハウスの減損公表が遅れ批判されている。元データの東芝のリリースは以下リンク先にある。

http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20151117_1.pdf

リリースによると論点は2点。

1つはのれんの減損判定の方法が、東芝連結ベースとウエッチングハウスで異なる点。これは全体の重要性も異なるので、ありえない話ではない。

もう1つは、2012年度においてリリースをしていないという点だ。

後者はあれだけの粉飾決算をしていた時期なので、適時開示要件を満たしていたことを知っていて、開示をしなかった可能性は十分あるだろう。この適時開示は数字をごまかしていたわけではないが、その時期、売上から数値を操作していたわけで、それと比べると言葉は悪いが、この適時開示をスキップすることなどかわいいものだといえる。もちろん、ルール違反はマズイが、今あらためて取り上げる大きな論点としての重要性はないのではないだろうか。それだけそもそもの粉飾決算が大きな問題だった、というように私は理解をしている。

 

M&A売却希望

M&A買収希望