ブログ

ソニーに自社の考えはあるのか?北朝鮮コメディー映画を公開

ソニーが問題となっている北朝鮮のコメディー映画を公開するという。コメディー映画で金正恩をネタにし、北朝鮮の報復と思われるサイバー攻撃を受けたため、その公開を控えるといったんは発表した。

その後、オバマから怯むな、表現の自由を害する奴は許せない、といった指摘を受け、今度は公開をすることになった。

環境に左右されているだけで、ソニー自社の考えはどこに行ってしまったのか?
この映画を公開したらどんなリスクがあるのか?審査機能はないのか?仮にきちんとした考えがあるとして、外部環境によってなぜこんなに行動が二転三転してしまうのか?不安がいくつも頭をよぎる。

 


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-