M&A News

M&Aニュース

社外取締役が機能するには人材不足

金融庁はやはり社外取締役を2名以上にするという案を持っていると報道されている。武田雄治会計士のブログに詳しいが、1部2部の本則市場以外では例外規定が設けられる可能性があるが、仮に2,000社が採用するとして、4,000人の社外役員が必要となる。

社外役員というのは難しくて、月に1ー2回しか出社しない会社のガバナンスの役に立たないといけない。そこで有効なのは専門性だと思う。業界の専門性、法務、財務、人事の専門性、これがなければ、月に1回では何もできない。加えて経営全般を見れる総合性だ。

そんな能力をあわせ持つ方は、常勤役員をやるだろうし、ほとんど経営者になっているだろう。それだけ人材が不足しているということだ。学校で勉強だけした頭でっかちがこれをやり始めると混乱する。理屈、ルールと現実をうまくバランスさせてとれるリスクと超えてはいけないリスクを判断できるようでないとガバナンスは有効には働かない。何でもノーと言っていれば自分のリスクは減る、と考えている官僚的な考え方をする人材は残念ながら少なくない。

 


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-