M&A

LINEは今が売りどき

en

LINEについて、ものすごい盛り上がっていますので、ここで少し冷静に彼らの状況を確認してみました。

スタンプ売上=2ヶ月で3.5億円の売上、公式アカウントの売上が初期費用200万円、毎月150万円。目標は50社。これをベースに計算すると、LINEの今年の売上はスタンプ売上21億円(3.5億円×6)+公式アカウント約1億(150万円×12ヶ月×50社=90百万円)で22億円程度。

利益率は分かりませんが、死ぬほど利益を出し続けるのはなかなか困難だと思います。スタンプが飽きられたら終わりです。

今の強みは、ユーザー数。現在60百万人のユーザーを一番欲しがっているのはどこか。スカイプをマイクロソフトが買ったこともあり、マイクロソフトが難しいとすると、やはりGoogleでしょう。YouTUBEも単体での収益化は難しく、結果、Googleのものとなりました。今、伸びまくっていて、注目もされている今こそ、彼らはexitのチャンスなのだと思います。このタイミングを逃したmixiは相手先選びで苦戦しています。

あらためて、LINEはいまこそ事業売却の最高のタイミングだと思います。

情報ソース:
LINEスタンプ、2カ月で3億5000万円売り上げ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/03/news085.html

急成長続けるスマホアプリ「LINE」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120907/421470/?top_tl1


「LINE」ユーザーが6000万人突破 国内2800万人に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1209/10/news060.html


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-