M&A News

M&Aニュース

フィアットとプジョーが経営統合をするのは業界の大変化が原因

フィアットとプジョーが経営統合をします。自動車業界は、EV化、自動運転化といった業界の大変換点を迎えています。ここで、下手を打つと、業界自体が大幅に縮小してしまいます。

EVについてはテスラがリード、中国が共産党主導をそれを追っていこうとしています。自動運転ではGoogleが着実に運転実験を重ねています。既存の自動車メーカーも負けていられません。いやすでに負けかかっている中で、懸命に抵抗する必要があるといったほうがよいかもしれません。トヨタが終身雇用はできないと宣言したり、スズキなどと資本提携を勧めているのものその一環です。

次世代技術、インフラには莫大な開発費、ノウハウ、人材が必要なはずで、すでに1社ではまかない切れないところまできているのでしょう。

この中で統合に参加できない企業は競争から脱落していってしまう可能性もあります。業界の大変化はどの業界でも起きうることで、解決策が再編ということも、どなたが属する業界でもあることでしょう。そこで、統合できる、統合の相手方として声がかかるような体制がなければ、衰退を待つしかないということになります。

世界的な自動車業界の再編は決して他山の石ではなく、誰もが準備をしておかなければならない現象なのだと思います。

M&A売却希望

M&A買収希望