ビデオで知るファイナンス

事業承継を経営者はどう考えるべきか

握手

事業承継については、

1.事業承継とは「財産権」、「経営権」、そして「人材」を譲ること
「事業承継」という用語を聞いて、皆さんはどのようなことを想像されますか?御子息への社長交代、相続税への対応をどう考えるのか、漠然とした不安をお持ちになるのではないでしょうか。経営承継円滑化法という法律ができて、いろいろな面でこの事業承継を円滑化させようと国が対策を始めています。
続きを見る

2.事業承継のために必要な「ビジネスの整理」、「帳簿の整理」、そして「資産・負債の整理」
「事業承継」について、前回から3回シリーズで解説をさせていただいています。その前回は「事業承継」とは「財産権」、「経営権」そして「人材」を次世代に受け継ぐことであり、単なる「財産権」の承継である相続よりもより厄介なものであることをご説明しました。相続ですら、いざ、その時になると親族内でも揉め事が数多く発生しますし、土地や建物などの固定資産に資産が偏っている場合には、納税資金の準備をしておく必要があるなど、事前の準備には念を入れていれすぎることはありません。
続きを見る

3.事業承継に時間がかかる理由、具体的には、自社株の扱い、資金の準備、そして後継者の育成、従業員の理解
「事業承継」について3回シリーズで解説をさせていただいていますが、今回がいよいよ最終回となりました。前回までで「事業承継」とは「財産権」、「経営権」そして「人材」を次世代に受け継ぐことであり、単なる「財産権」の承継である相続よりもより厄介なものであること、また、事前準備としてビジネスの整理、帳簿の整理、そして資産・負債の整理が必要なことをご説明しました。最終回の今回は、事業承継に時間がかかる理由、具体的には、自社株の扱い、資金の準備、そして後継者の育成、従業員の理解についてふれていきたいと思います。
続きを見る


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望