M&A News

M&Aニュース

規制強化とその後のマネジメントをどうするのか

アンドロイドとiOSで携帯OSが寡占状態となり、彼らが利益を独占しているので、アプリ利用料が高く、サービス提供業者が苦しんでいます。だから規制を強めるが、それを監視する人が30人しかいない。

いろいろ論点はありますが、規制そのものは重要です。実効性ももちろん重要です。
そもそも30%をどう捉えるかですが、自分たちでは何もせずに、世界中に決まったフォーマットでアプリやサービスを提供できることはとてつもなく素晴らしいインフラです。はじめからアンドロイドとiOSの寡占ができたわけでもなく、競争から生まれた結果です。
本誌は30%は高すぎて、規制をかけなければならないとは思えません。

それがバカバカしいほど稼げる企業は自分たちで世界中に配信をすればよいわけです。

30%より低いことはユーザーにとってはメリットです。それであれば何%未満にするのがベストなのか、定量情報をベースに議論があってもよいと思います。最終的にはユーザーメリットが損なわれないことが第一です。

そして規制を強化してもモニタリングができなければ絵に描いた餅になってしまいます。
モニタリングの準備も十分実施する必要がある論点です。

Android and iOS have created a duopoly in the mobile OS market, monopolizing profits. As a result, app usage fees are high, and service providers are suffering. Therefore, regulations are being strengthened, but only 30 people are monitoring them.

There are many points to consider, but regulation itself is important. Effectiveness is also crucial. How we perceive the 30% fee is essential, but having a standardized format to provide apps and services worldwide without doing anything is an incredibly valuable infrastructure. The Android and iOS duopoly did not emerge from the beginning but resulted from competition. This publication does not believe that the 30% fee is excessively high and requires regulation.

Companies that make absurd amounts of money should distribute their apps worldwide.

Lowering the 30% fee benefits users. Therefore, discussing the optimal percentage based on quantitative information would be beneficial. Ultimately, it is essential not to harm user benefits.

Additionally, if monitoring is inadequate despite stronger regulations, it will be pointless. Preparing adequate monitoring is also a crucial point.

本誌は、M&Aを売り手、買い手、アドバイザーが三方良し、となるのが当たり前の世界の実現を目指しています。そのためには当事者が正しい情報を得て、安心して相談のできる場が必要です。その実現に向けて本誌は、日本M&Aアドバイザー協会で、以下のサービスやセミナーを提供しております。
                                                                                                                                                                                                  
M&A仲介・アドバイザーを事業としたい方・既にされている方へ
セミナー・サービス名詳細金額時間
誰にでもわかるM&A入門セミナー会場開催の詳細とお申込み

オンライン講座の視聴
無料2時間
M&A実務スキル養成講座会場開催の詳細とお申込み

オンライン開催の詳細とお申込み
M&A実務スキルの詳細
198,000円2日間
JMAA認定M&Aアドイザー資格取得およびJMAA会員に入会資格詳細とお申し込み入会金33,000円
月会費11,000円(1年分一括払)
-
案件サポート制度JMAA会員が初めてM&Aアドバイザリー業務に取り組む場合、あるいはすでに何度かアドバイザリー業務に経験があっても、難易度が高い案件の場合のための、JMAA協会が会員に伴走して案件成約に向けて協力する制度です。 お申し込みは当協会ご入会後にお知らせします。JMAA正会員の関与する対象案件の成功報酬の50%-
買収を検討されている企業団体様へ
セミナー・サービス名詳細金額時間
誰にでもわかるM&A入門セミナー会場開催の詳細とお申込み

オンライン講座の視聴
無料2時間
M&A実務スキル養成講座会場開催の詳細とお申込み
オンライン開催の詳細とお申込み

M&A実務スキルの詳細
198,000円2日間
M&A買収プロセスの実践支援セミナーM&A買収プロセスの実践支援セミナーの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
3時間
買い手様向けセカンドオピニオンサービスM&Aセカンドオピニオンサービスの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
1時間〜
売却を検討されている企業団体様へ
セミナー・サービス名詳細金額時間
誰にでもわかるM&A入門セミナー会場開催の詳細とお申込み

オンライン講座の視聴
無料2時間
M&A実務スキル養成講座会場開催の詳細とお申込み

オンライン開催の詳細とお申込み

M&A実務スキルの詳細
198,000円2日間
M&A売却プロセスの実践支援セミナーM&A売却プロセスの実践支援セミナーの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
3時間
M&A売り手様向け、FA契約締結前特別セミナーM&A売り手様向け特別セミナーの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
3時間
売り手様向けセカンドオピニオンサービスM&Aセカンドオピニオンサービスの詳細 33,000円1時間〜

M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-