M&A News

M&Aニュース

売却後の引継ぎで大切なこと

M&Aは成約までも大変ですが、買い手にとってはそれからがスタートです。当然に引き継ぎがとても大切になってきますが、売り手と買い手の気持ちの違いから、すれ違いが起きることがよくあります。

売り手は、売却したからには、少しでも早く事業から離れたですし、買い手はその売り手の気持ちに関わらず、責任をもって引継ぎ協力をして欲しい、ということが多くすれ違いが起きることが多いのです。

この場合、私達アドバイザーを通じて、その調整をすることも多いのですが、基本的には当事者で直接会話をして、契約を締結し、進めていくのがベターです。もちろん、マッチングと条件調整を行ったアドバイザーができることも多いですし、お客さまに対して私たちはできるだけのサービスをさせていただくつもりですから、できるだけのことはします。しかし、クロージング後、ずっと関与しつづけるわけにはいきません。また、アドバイザーには何でも話がしやすく、愚痴や相手方への不満だけをお聞きすることもあります。

そのような場合には、そもそも事業を継続させ、より発展し、お客さまや社員が充実し、その後も安定しビジネスを続ける、成長させる、ということがM&Aの目的であったことを思い出し、売り手、買い手が腹を割って話をすれば済むことがほとんどです。

私たちは何度もこのようなことを経験をしていますので、落ち着いてアドバイスができますが、売り手、買い手、特に売り手の方は、そう何度も経験することではありません。したがって、私達の経験をお伝えし、お互いがそもそものM&Aの目的を完遂できるために、腹を割って話、引継ぎがスムーズにいくようにアドバイスをさせていただくこともアドバイザーの重要な責務の1つだと思うのです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-