M&A News

M&Aニュース

マイクロM&A売り手の課題に対する解決策

これまでマイクロM&Aについて、現状や課題について説明してきました。

特に売り手は、人に見せられる、買収を考えてもらえるだけの体制ができていないこと、が大きな課題であるとお伝えをしてきました。
基本的なところでは、

・部門ないし店舗別の月次決算

すらできていないことが多く、正確な業績がわからないというのが大きな足かせになります。
マイクロM&Aの対象会社の多くは、会計事務所へ経理業務を委託していますが、そこでこうした基本的な業績管理が行われていないことが本質的な問題なのではないかと考えています。

売りたい方が自社の業績を正確に把握していないわけですから、買い手がそれを把握することもできないわけです。

この問題を解決することが、マイクロM&Aを大幅に増やしていく1つの課題になると考えているのですが、やれていない先をやれるようにするよりも、すでに基本的な業績管理ができている先にM&Aを提案していき、基本的な業績管理ができていれば、売却のチャンスが増えるんだ、とより多くの方に認識していただくアプローチのほうがよいのではないか、と考えています。

当社のお客さまからも、基本的な業績管理の重要性を体験談として語っていただいておりますので、ぜひこちら→http://ma-japan.info/archives/12865を参考にしてください。

M&A売却希望

M&A買収希望