M&Aのハウツー

中国海運最大手、上場廃止回避狙いで子会社売却を加速 

中国国有の海運最大手、中国遠洋控股(チャイナCOSCO)は新たに2つの子会社を売却する方針、と報道されている。

理由は3期連続赤字だと、上場廃止になるため、とのこと。海運業が落ちているということは貿易の絶対量が落ちているか、海運業が過剰供給状態になっているかいずれしかないはずだ。

どちらにしても、中国国有企業、しかも貿易を扱う海運業がこれだけ追い込まれているという事実はしっかり押さえておき、今後の中国経済を占うための1つの重要なファクトとしてもっておくべきだろう。

 

M&A売却希望

M&A買収希望