M&Aのハウツー

東電が銀座支社本館を読売新聞グループに売却。簿価3千万円?

東電が銀座支社本館を読売新聞グループに売却すると報道されている。
東電は資金的にも厳しく、お金になるものであれば何度も売却したいところなので、その行為自体は合理的な意思決定とみてよいだろう。

しかし、こういった本社物件の売却にはデメリットもある。たしかに一時的にお金には余裕がでるが、今後は支社の賃借料を払いつづけなければならないわけで、今後の損益はますます苦しくなるはずだ。

もう1点。今回の売却に関して、譲渡価額が234億5500万円(競争入札により決定)、譲渡益234億2500万円と報道されている。とすると、差引で簿価は3千万円なわけで、取得原価主義の限界とはいえ、234億円の価値のある土地を3千万円と計上していたBSってどのくらいの意味があるのか、不安になってしまった。
 

M&A売却希望

M&A買収希望