M&A News

M&Aニュース

買収・M&Aの成功(失敗)要因

規模の大小にかかわらず、M&A後のトラブルの相談をいただく機会が非常に増えています。

昨日もJMAA主催のM&Aアドバイザー養成講座で、受講生の方々ともこの原因について議論をしていました。もちろん、トラブルの原因は1つではありませんし、事情によっても異なります。

大きな共通要因として想定されるのが、

買ったあと、何をするのか、ということを具体的にイメージできていないこと

ではないかと思うのです。

これをイメージせずに、企画担当に事業計画を書けといっても絵に描いた餅になるのが当然ですし、ましてはアドバイザーで買収後の買い手が具体的に何をすべきかという点まで、アドバイスを求めるのは酷でしょう。

私は買収後、具体的に誰が、いつ、何をするのか、ということをイメージするための調査がビジネスDDだと主張していますが、この力が弱いケースが目立っています。

よくあるケースとして、買収を決める人と買収した後に経営する人が違うケースです。これも大きな問題です。

個人M&A、マイクロM&Aでは、買収後にこんなはずじゃなかったとして、小さいお店でも自分が経営することの大変さをまったくイメージできずに買収後に苦しんでいる方からのご相談も増えてきています。

買ったあと、何をするのか、ということを具体的にイメージできてから、それが本当にできるのか、を確かめるために、財務や法務を見ていくのが本筋のはずです。専門家は上述した内容のビジネスDDはできないことがほとんどですから、彼らに丸投げする、言いなりになっていると買収が成功しない要因を増やしてしまう可能性もでてきます。

それを防ぐためには自分でしっかり情報収集をし、相談できる先をきっちり作るネットワークづくりが必要となるでしょう。

JMAA(https://ma-japan.info/)はそうした機会をしっかりご提供できるよう、日々改善をして参ります。

M&A売却希望

M&A買収希望