M&A News

M&Aニュース

売り時が「今」とは限りません

事業や会社を売却した方にとって、売り時が「今」とは限りません。
今は悪いけれど、やるべきことはわかっている、それを評価してほしいと売り手は考えますが、買い手にとっては知ったことではありません。

むしろ今、悪い事業をリスクを取って買収し、業績を改善させて利益をとろうとしているわけです。

一方で、そこまでリスクをとれない買い手層は「安定していて、それなりに利益が出ている」ビジネスを求めます。多くの方は、この層ですので、今できることをやって業績をあげてから売るべきです。

1)できることをやりきってから売却
2)買い手の調査に耐えられるように、財務、法務、労務などの資料を準備しておく

この2つの準備をしっかり完了できたときか、売り時です。

もちろん健康上の問題など別の事情がある場合は、この限りではありませんが、その場合、高い金額で売ることの優先順位を下げる必要がありますが、そこさえ理解できていれば売却自体ができないわけではありません。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望