M&Aのハウツー

退職金でフランチャイズに加盟して撃沈しない方法

 今日は、「退職金でフランチャイズに加入して撃沈しない方法」というテーマで、お話を進めていきたいと思います。

 退職金でビジネスを始める場合に、フランチャイズビジネスを検討されることは多いと思います。退職金を一定以上、手に出来た方は一般企業等で長年勤務されてきた方でしょうから、完全にゼロベースでビジネスを始めることには抵抗があるかもしれません。そして安定して稼いでいきたいという考えも当然あるでしょうから、フランチャイズビジネスを検討されるのは当然でしょう。

 まず、フランチャイズのメリット、デメリットをまとめておきます。
 
 メリットはやはり、ブランドを含めた知名度、運営ノウハウでしょう。例えばセブン-イレブンのフランチャイズに加盟すれば、セブン-イレブンのブランドを使うことができますし、店舗の運営ノウハウを使うことができるわけです。

 デメリットは手数料でしょう。ブランドや運営ノウハウを使うことができる代わりに手数料をフランチャイズ本部へ支払う必要があります。また、フランチャイズへ加盟する際に、加盟金や加盟料という名目でまとまった資金を支払う必要があることが多いです。加盟金だけではなく、店舗の造作にもコストがかかりますから、フランチャイズに加盟すると初期投資が増加してしまいます。

 フランチャイズ業界には2つ種類があって、優良FC業者と悪徳FC業者があります。皆さんが起業にあたってフランチャイズに期待することは、ブランドと運営ノウハウでしょう。ただし、ブランド力があって、高い運営ノウハウを提供できるフランチャイズ本部へは高い手数料を払わないといけません。優良フランチャイズの特徴です。

 悪徳FC業者には注意してください。退職金などで一定の資金力を持っているシニア層の方は、彼らのカモになる可能性が高いのです。通常フランチャイズの場合、加入時に加盟金をまとまってとります。悪徳FC業者にとってはそこで売上、利益が確定してしまいます。その後は、加盟した方が儲かろうと儲からなかろうと、彼らは知ったことではなくなってしまうのです。これを悪用して、ある程度加盟金を集めてトンズラしてしまうFC業者も結構あります。そこまで悪徳ではなくても、FCシステムは、ブランドやノウハウは提供しますが、本当に稼げるかどうかは、加入者次第なのです。また、多くの方はたった10ページくらいのFC加盟契約書を読んでいません。そこにはFC本部が被害を受けないための色々な項目が記載されています。経営者であれば、絶対に内容を把握しておくべきです。

 FCに加入する目的として、ブランドや運営ノウハウを獲得することが目的であれば、FCだけが選択肢ではありません。

 業務提携で実績のある会社からノウハウ提供を受けるという方法もありますし、すでにノウハウを持っている会社を買収するという選択肢があるということも一度真剣に検討をしていただければと思います。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望