M&A News

M&Aニュース

M&Aを本当に有効にする経営者の「妄想力」

M&Aが本当に有効な場合について説明します。

企業評価の詳細は、ここではおいておきますが、仮にA社という会社があったとします。
この会社が売却をせずに、事業を続けた場合の価値が5億円だったとします。

皆さんであれば、この企業をいくらで買いたいでしょうか?

多くの方は、5億円が上限で、少しでも安く買いたいと考え、その実現のために努力されるはずです。

本当に有効なのは、5億円より高く買う場合、買える場合のはずです。売り手が事業を続けた場合の価値と変わらなければ、売り手は売却する意味がありません。買い手が、その事業を買収して、どんなことができるのか、事業拡大やコスト削減を具体的にどの程度できるのか、を考える必要があります。

私はこれが経営者の「妄想力」で、まず妄想ができなければ、上の例でいうと5億円以上払ってはいけないことになります。妄想のうえで、10億、あるいはそれ以上の価値を見出す必要がまずあります。これは間違いなく経営者の仕事です。

実務担当が妄想していては、業務になりません。経営者が妄想したものを現実に落とし込むためのリスク分析、事業計画への落とし込みは実務担当や専門家をうまく活用できます。ここがM&A成功の大変重要なポイントです。繰り返しですが、妄想力です。しかも、これは経営者でないとそうそううまく行きません。

妄想とその後の精査の結果、5億円でなく、たとえば6億とか7億円の価値がつけば売り手は喜んで売却してくれるはずです。

綺麗事のようですが、これがM&Aが本当に有効なケースだと日々、感じています。

経営者の皆さん、妄想力を鍛えましょう。そして、妄想のお手伝いももちろん喜んで当社はさせていただきます。

M&A売却希望

M&A買収希望