M&A News

M&Aニュース

Aguに100億円、UCC珈琲館事業をファンドが買う理由

美容室Aguを100億円で、またUCC珈琲館事業をファンドが買収すると報道されています。

現状、ファンドは資金集めに成功したものの、投資先がない、という状況に陥っていることが多いようです。
このため、ファンドマネーが投資を加速させています。

その結果、買収金額が高騰していると感じている買い手が増えてきています。

それではファンドは事業会社が高い、と感じる投資をなぜやっているのでしょうか。おそらく買収後、上場させて上場益をとることを考えているのでしょう。

事業会社の投資となれば、それをビジネスで回収する必要があります。たとえば100億円の投資をしたら、買収した事業のキャッシュ・フローで何年で回収できるのかを考えます。

一方でファンドはその企業を上場させ、上場益をとることを目的としているはずです。上場時には、一般的に株価はかなり高くなる傾向にありますので、そこで利ざやを稼ぐことになります。

難しい議論はあえて避けますが、事業会社が高い、と考える案件を上場させれば、株価が高く付く、というのは危険な状態です。何も知らない一般投資家が損をし、ファンドが儲かるという図式も珍しくありません。これを防ぐには投資家が賢くなることで、ファンドが悪いわけでもなんでもありません。

日々、一般投資家の方のお役にもたてる情報提供を継続していければと思います。

M&A売却希望

M&A買収希望