M&A News

M&Aニュース

会社や事業を売るために大切な準備についてお話します

日々、売却希望のお問い合わせをいただいておりますが、その中で大切だと思われることについてお話します。まとめてしまうと簡単に見えますが、意外とできていないことが多いものです。自社の売却を考えていらっしゃる方は、まず、次の項目について、チェックをしてみてください。

**
1)決算書、月次試算表をきちんと準備してください。

事業の魅力は数値だけで判断されるものではありませんが、いくらなら出せるのか、を判断するために過去の実績はありえないくらい重要です。その中で消費税込みの数値を使っているのか、どうなのか、など細かい点は当社でアドバイスできますが、そもそもの数値情報がなければ、買い手は判断できません。

**
2)こうすれば利益が出ると考えていれば、まず実行してみてください。

人が採用できれば、うまく販促ができれば、利益がでます、とおっしゃる方もいらっしゃいます。できるのであれば、まず実行して、結果を出してください。人を採用したり、販促をうまくすることが今、一番難しく、経営者が腐心している部分です。結果が出れば、評価はついてきます。

**
3)何のために売却をするのか、としっかり整理してください。

本業が多忙、あるいは家庭の問題で、少しでも金額は高いほうがよいのは当然としても、早く、安心してあとを任せられる企業に売却するのが目的なのか、時間はかかってもよいので少しでも高く売却したいのか、その他の目的なのか、をはっきりさせておいてください。
目的によってアドバイスの内容が変わってきます。

**
4)居抜き譲渡とM&Aの違いについて理解しておいてください。

店舗の賃貸借契約の引継ぎだけをするのが居抜きです。M&Aは人も含めて事業自体の譲渡となります。当然、後者のほうが評価は高くなることが多いです。当社は居抜き譲渡についてはあつかっておらず、M&Aのみをあつかっております。居抜き譲渡は不動産仲介取引であり、我々の専門外のためです。

M&A売却希望

M&A買収希望