M&A News

M&Aニュース

東芝メモリ、買い手が記者会見中止

何が起きているのか分かりませんが、東芝メモリの買い手側が、調整がつかず、開催予定の記者会見が中止になっています。買い手の間での契約には何の問題もないとされていますが、何の問題もなく、予定していた会見を中止するのであれば、それこそ問題です。

そもそも、東芝メモリの売却には、四日市工場で提携をしているウエスタン・デジタル社に拒否権があるとされ(http://www.asahi.com/articles/ASK4L4R1HK4LULFA014.html)、同社を外した売却には相当のリスクがあることは、周知の事実です。それを押し切り、ウエスタン・デジタル社を外した先へ売却をしようとしているわけです。

その中、ウエスタン・デジタル社は、本件売却の差止め請求を国際仲裁裁判所にすると報道されています(https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26HR8_W7A920C1000000/)。

まったく進展しないような状況ですが、これも事前に予想されていたことです。したがって今になって記者会見に買い手の一部が出席しない理由にはならないはずで、表には出ていない事情があらたに起きたの可能性もあります。

M&A売却希望

M&A買収希望