M&A News

M&Aニュース

M&Aによる外食チェーン国盗り物語が続く経営

外食チェーンがM&Aによる拡大を続けているという記事がありました。中には、いつの間にかアイディアを出すのではなく、売上、顧客を増やすことが目的となってしまい、今の買収の嵐のような状況に陥ってしまっているという、すかいらーく創業者の横川氏のコメントもありました。

1つは上場してしまったことにより、株主を意識し、売上至上主義になっているということはあるでしょう。しかし上場していなくても、売上はともかく、利益を出さないことには会社は続かないわけで、これは本質的ではないと思います。

もう1つは、多角化経営によるリスク分散でしょう。BSEの問題が起きたとき、牛丼チェーン各社はかなり厳しい状態になったはずです。単一ビジネスのリスク分散を図っているのでしょう。さらに記事にもあるように、共通資材の利用によるコストダウンも理由の1つでしょう。

さらにいうと、立地の確保もあるはずです。よい立地にはすでにお店があり、繁盛していますので、なかなか手に入りません。買収によってのその立地を手に入れるのです。飲食はいくら繁盛していても流行り廃りはあります。したがってグループ内でブランドを変えて、店舗経営をしていく、という手法もよく採られます。

それでは、このような時代にどうやって経営をしていくべきでしょうか。数では大手に勝てません。大手に勝負をするならば、買収を重ねていくことも1つの方法でしょう。あるいは大手グループに売却し、大手の一員としてやっていくということも選択肢となるでしょう。

あるいはどこへ行っても同じというチェーン店では飽きてしまう顧客も一定程度いることから、彼らでは出来ない特色を持った、店舗経営をしていくことはありうるでしょう。いわゆる二極化の状態です。二極化で個人、あるいはニッチに該当するビジネスのM&Aの面で見た問題点は、個人に依存しすぎるビジネスは売却しにくいという点です。いくらよいお店でも、オーナーである板前さんが抜けたら、そのお店の価値は半減してしまいます。売却を考えるのであれば、常に自分が抜けたあとのことを考えて、経営にあたることをお勧めします。

M&A売却希望

M&A買収希望