M&A News

M&Aニュース

会社売却・事業売却・企業売却・会社売買・会社譲渡のために必要な準備(2017年9月20日改訂)

会社売却・事業売却・企業売却・会社売買・会社譲渡など表現の方法はいくつかありますが、ビジネスを売却する上で、一番大切なことはタイミングを逃さないことでしょう。しかし、良い売却先がいつ見つかるのかは、ある程度、運によることもあります。

その中で、運をしっかり掴み取るためにはそれに対応した準備が必要です。具体的には、

・会社組織をしっかり作り、社長が不在でもビジネスがまわる体制をつくる
・書類をきちんと整理しておく
・明朗な財務会計を実施し、整理しておく

要するに、第三者が見て、わかりやすい、これであれば引き継いで経営しやすい、という状況にいつでもしておくことが大切です。

これは親族内承継でも同様です。何も知らずに経営を継いだが、経営管理がまったくできておらず、大変なご苦労をされる2代目、3代目経営者もたくさんいらっしゃいます。彼らの負担を少しでも減らすための準備はいずれにしても大切です。

ここで経営と経営管理について触れておきます。経営は会社の方針を決めたり、新しいことを考えて実行したり、リストラをしたりするいわゆる大きな決断、実行の部分を指します。これは創業社長は意識せずとも実行してきたことですが、創業者以外の方は苦手な部分です。そこに創業者は不満や不安を持っていることも多いです。しかし、M&Aで買収する企業は、この経営自体はむしろ得意なことが多いです。他人の会社を買おうとするわけですから、やる気もマンマンです。買収後はこの経営の部分をきっちりついでいければよいわけです。

しかし、新たに会社を買って経営をするときに日々の業務が回っていないと、次の手を打つ余裕がなくなります。日々の業務をきちんと回すのが経営管理と私は定義しています。予算があり、見通しがあり、日々の業務が反省され、マニュアルやルールが整備されている。大きな変化はないが、明日、商売がとまることがない。面白みはありませんが、安定している、大きな不安がない、この状況を作っておくことが、会社や事業を売却をする際には必要なことです。創業者ご自身が経営を続けてきたのに対し、親族も含めた第三者が引き継ぐときには、経営管理が大切になってくることは見落としがちですので、あらためて意識しておいてください。

もちろん、弊社は上記がバッチリできていないお客さまにも対応をしてきておりますし、むしろ得意とするところでもあります。しかし、それでも売却までに準備の時間はかかりますし、売り手の方が希望される条件よりも売却金額を含めて、期待ほどの条件では売却できないことも多いのが実情です。

少しでもよい条件で、しかも余裕をもった会社売却・事業売却・企業売却・会社売買・会社譲渡をするためには準備が大切です。

備えよ常に、これはM&Aでも言えることなのです。

M&A売却希望

M&A買収希望