M&A News

M&Aニュース

M&A取引交渉中には問題が頻発します

昨日も最終譲渡契約目前の案件で、問題が生じました。種類や程度の問題はありますが、必ずといってよいほど、最終局面が近づけば近づくほど、問題や課題は起きます。

ここで大事なことはそのリスクをしっかり判断すること、そして信頼できるアドバイザーからアドバイスを受け、真摯に対応していくこと、さらに優先順位を決めることです。気になることがあっても、M&Aは売買が成立しなければ始まりません。もちろん売買しないほうがよいと判断されるレベルの問題は当然ありますが、比率としてはごくわずかです。

多くの場合は優先順位を決めて、進めていくことが大切です。時間をかければかけるほど情報漏洩のリスクも高まります。従業員も何ヶ月も社長が悩んでいれば、何かに気づくはずです。

悩んでいてもはじまりません。問題を特定し、解決していく。そのために必要な情報や助言を提供するのがアドバイザーの仕事です。これができずに相手の言い分をそのままお客さまに流しているだけでは、アドバイザーとは言えません。

M&A売却希望

M&A買収希望