M&A News

M&Aニュース

M&Aキャピタルパートナーズがレコフを買収!!

M&Aキャピタルパートナーズがレコフを買収すると報道されています。これ、、、キターーーーーーとか言いたいです。場違いでスミマセン。

概要については、以下の日経新聞のリンクによると、以下のとおりです。

・M&Aキャピタルパートナーズが、レコフ、その関係会社のレコフデータの100%議決権を約30億円(増資含む)で買収する。

・2016年3月期の売上高はレコフが14億2911万円で、レコフデータが1億7215万円。

対象会社2社の業績は記事だけですと不明でしたので、M&Aキャピタルパートナーズのリリース(http://www.ma-cp.com/pdf_files/20161024150107fbb79.pdf)から引用しておきます。最終利益は2社あわせてほとんど出ていません。

売上15億円で利益の出ていない企業を30億円で買収する、、、、皆さんの頭には??がたくさん浮かんでいるかもしれません。特に弁護士、会計士などの専門家の多くは懐疑的な目をむけるでしょう。もちろん成功するかどうかはやってみないと分かりません。

しかし、私は2つの理由でこの買収を素晴らしいと評価します。

1つ目は、レコフの実績です。レコフは日本のM&Aアドバイザリーサービスの老舗で大手企業と長い付き合いがあります。また信用力が抜群です。

2つ目として、それにしても買収金額が高いのではないか、という懸念もあります。しかし、買い手であるM&Aキャピタルパートナーズは30億円は手元のキャッシュが40億円以上あるため、借入れをすることなく支払いが可能です。しかも、純資産が30億円があり、万一、この買収によって1円も稼げず30億円がパーになったとしても、会社が潰れるようなことはありません。今のタイミングだからこそできたことなのです。

M&Aはタイミングと、万一、失敗したときにそれだけで会社が傾かないことがとても大切だと思っています。しかも老舗のノウハウと看板を手に入れられるまたとないチャンスだったはずです。思いきった策をとった同社に拍手を送ります。

M&Aを自社でやっていこうとされる企業の皆様の参考にしていただきたい事例の1つといってよいでしょう。

****以下、引用***%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-6-34-41%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-6-36-28***引用、ここまで***

M&A売却希望

M&A買収希望