M&A News

M&Aニュース

リストラを激しく進める大正製薬の現状は今が絶好のタイミング

早期退職でも話題になり、さらに富士フィルムとの業務提携を解消するなど、リストラを激しく進める大正製薬ですが、どれほど業績が厳しいのだろうと業績を確認するとまったく問題がない状態でした。

○大正製薬業績ハイライト
https://www.taisho-holdings.co.jp/ir/finance/highlight/

しかもキャッシュリッチで売上が3,000億円前後ある製薬会社で無借金経営です。しかし、業績は長期停滞という状況です。

いま、何かをしなくても会社が傾く状態ではありません。したがって、この状況でのリストラは、従業員の方にとっては不満も大きいでしょう。

一方で、リストラを進めるのであれば、今が絶好です。借入をする必要もなく、短期的に業績が悪化しても会社は崩れません。
業績が悪化すると資金調達にも難儀することになり、リストラそのものもそう簡単にできなくなってしまいます。

大正製薬のやり方が必ずしも正しいとは限りません。したがって、社員の方で不満をお持ちなら、大正製薬と手を切るもの手です。
経営者は必ずしも確定しない将来に向かって舵を切り、実行するのが仕事です。考えがあわない場合もあるでしょう。その場合に、いつでも手を切れるように準備しておくことも大切なことです。

もちろん、そんなことが起きずに改革のときもともに乗り越えていけるのであれば、それに越したことはありません。

M&A売却希望

M&A買収希望