M&A News

M&Aニュース

結局、M&Aは売り手がそのまま経営するよりも売却したほうが、業績があがる期待値がたかくないと成り立たないものです

あらためてなのですが、

「結局、M&Aは売り手がそのまま経営するよりも売却したほうが、業績があがる期待値がたかくないと成り立たないもの」なのだと思います。

売り手には、たとえば資金力、人材、管理、営業、あるいは経営者が高齢など何らかの問題を抱えており、それを解決するためにM&Aを考え始めます。

対象会社もビジネスをしているわけですから、そのまま経営を続けたとしたら、どの程度稼げるか、あるいは赤字が続くのかはある程度見通しがあるわけで、それをベースに価値が計算できます。

買うほうはそれを上回る価値を出せなければ、投資としては成功しません。

そのためには、対象会社を活かして、どれだけ改善できるのか、がポイントとなります。これがなければ、売り手は当面、自分で経営を続ければよいわけで、取引は成り立ちません。これが普通です。

しかし、M&A市場ではまだまだ売り物が少なく、どうしても買いたい、という気持ちが強くなると、上記のシンプルな考え方を忘れてしまい、具体的には回収の見込みがたっていない案件をたかづかみしてしまいます。

状況が厳しくなったときこそ、シンプルに。

冷静に判断をして参りましょう。

M&A売却希望

M&A買収希望